プログラム例

ナレーション音源、エンターテイメント、ビジュアライゼーション、イメージング
英会話や暗記、記憶、右脳活性、エジュケーショナルソフトなどの

ターゲットにあわせたフラッシュサウンドの光プログラム設計について
基本パターン例をご紹介します。

 

A. エンターテイメント系プログラム(アート、サイケデリック、ビジュアライゼーション)

heartsutra

楽曲に光プログラムを組み込み、音楽を目で体感する要素を加える場合
エンターテイメント専用ソフトでプログラミングを行います。

楽曲の展開に完全シンクロした
光と音のエンターテイメントセッションを製作していきます。

「リラックスを促すプログラムにしたい」
「サイケデリックなLightShowプログラム」等

アーティストのご要望に沿った
エンターテイメント性重視のアーティスティックなプログラミングを行います。

フラッシュサウンド エクスペリエンス 0円ダウンロード

製作事例:フラッシュサウンド・エクスペリエンス」 体験版20min

(ジャンル:意識拡大系セッション)

 

B.ターゲットレート重視プログラム

目的とする周波数領域の活動を実現するための光プログラムです。

ターゲットレートや、秒数、光点滅パターン
バイノーラルビート、位相などの詳細な設計と設定を行います。

alpha-basic2

 

B-1.アルファ波誘導セッション (リラックス、イメージ、ビジョンなど)

alpha-basic

ターゲットレート(目標周波数)を、10Hzに設定した場合のプログラム例です。
眠りにまで落ちることなく、
軽いリラックス状態に誘導したい場合に適しています。

 

B-2.ディープリラックス誘導セッション(ディープリラックス、クリアリング、催眠など)

deep-relax

ターゲットレートを、シータ波の5-3Hzに設定。
覚醒状態のベータ波から段階的にシータ波領域まで誘導することで
意識せずに、深いリラックスへ誘導を行うプログラムです。

 

B-3.活性化誘導セッション(活性化、リフレッシュなど)

energize

光刺激を、高低の変化をつけながら
ベータ波からシータ波領域までカバーし
最後は、ベータ波でシャキッと目覚めるように設計しています。

朝や、勉強、仕事前など
スッキリ、ハッキリとした意識状態や気分転換用などに適したプログラムです。

 

B-4.学習・誘導ナレーション用セッション(ラーニング、集中、苦手の克服など)

learning

学習効果が高まるアルファ波~シータ波領域に誘導し
語学学習教材や誘導瞑想など、メンタルブロックを解除して、
深いレベルに働きかける目的に適したプログラムです。

 

B-5.シータ瞑想(インスピレーション、シータヒーリング、瞑想、ビジョンなど)

theta-medi

シータ波領域でのメディテーション、瞑想的体験に適したプログラムです。

プログラム導入部では、脳波全領域に大きく変化しながらチューニングを行い
徐々に周波数変動を小さくしていくことで、雑念などにとらわれずに
短時間でシータ波領域で安定し留まれるようにプログラムしています。

 

B-6.視覚化セッション(創造性、ひらめき、イメージ、ビジュアライゼーションなど)

visualize

カラフルな光の点滅パターンを使用し、シータ波まで誘導し、
その後ベータ波まで引き戻すことで、
意識を覚醒したまま、様々なビジョン体験に誘導する
イメージング、視覚化のトレーニングに適したプログラムです。

 

rightプログラム製作フローをみる